2010年2月アーカイブ

インターネット広告は効果測定がしやすいのが利点です

広告って、効果がはっきりとは見えにくいものでした。
テレビ広告や、新聞広告、雑誌広告、ラジオ広告といったものが、主な広告ですが、その効果ははっきりとは取れないんですね。
でも、インターネット広告というのは、その効果が他の広告よりも取りやすくなっています。
それが、インターネット広告の利点ですね。
テレビだと広告をしても、その広告をいったいどれくらいの人が見たのかわからないですよね。視聴率と言っても、一部の人の市長データからの推計ですし、ただテレビがついていただけということもあります。
新聞や雑誌も発行部数はわかりますが、実際に広告を見ているかどうかはわかりません。
でも、インターネットなら、その広告をクリックした数を取ることができます。
もちろん表示した回数も取ることができるので、クリック率が取れて、どのくらい広告を見てもらえたのか、興味を持ってもらえたのかがわかるんですね。
そういったデータがはっきりと取れるので、その後の広告戦略にも生かせるというのがインターネット広告の利点だと思います。

インターネット広告のりようについて

インターネット広告をりようするにあたり、そのメリットとはなんでしょうね?考えてみるとうちの会社もプロの専門集団がいる業者さんに委託したり、私個人でもやろうと思ったことがあるんで、誰もが利用できるわけですよね。この誰もが利用できるって言う点がポイントなんじゃないでしょうか?つまり何か特定の法人や既得権のある団体だけが利用できると言う類のものではなく、誰でもいつでも気軽に利用できる。そんな利便性がつまりはインタネット広告を利用する上で最大のメリットなんじゃないかと。。。別にお金を払ってやってもらうだけがインターネット広告なんじゃないってことですよね。バナー広告や検索エンジンに検索をさせるためのキーワード埋め込み、サテライトサイトでのSEO対策なんかはちょっと自分で勉強すれば出来るようになります。それの延長線上にプロの専門集団がいますから自分でやればやるほどそれらの力が必要なんだと自覚できてくるんですよね。これからもっともとインターネット広告の需要はあがってくると思います。

他媒体にはないインターネット広告の利点

テレビやラジオ、新聞に屋外。
広告媒体はいろいろありますけど、いま力があるのはインターネット広告でしょう。
仮に私が広告を出すとしたらやはりインターネットに出す。
インターネット広告の利点はたくさんあると思います。
中でも私が思いつくのは、出す側、受ける側の双方に取って便利という点です。
まず広告を出す側としたら、他の媒体に比べて価格が安い。
テレビなどに出せない会社でも日本中、世界中に対して広告を打つことができる。
さらに状況に応じてこまめな変更がしやすいのもメリットですね。
逆に受ける側からすれば、まず第一の良い点は、気になった広告だけを見ることができる。
テレビやラジオが一方的に送られてくるのに対して、自分で選べるというのは好ましい点です。
また、広告からダイレクトにその会社のホームページになどに行けるのも便利。
気に入ればそのまま商品を購入したり資料を取り寄せたりできる。
これは従来の広告にはなかった非常に大きな利点です。
様々な利点があるインターネット広告。
現代の広告の主流であるのは間違いないでしょう。

インターネット広告は宣伝しやすい♪

インターネット広告って人の目に触れやすいよね。

今や、インターネットやパソコンはどこの家庭にもあり、インターネットは生活の一部に溶け込んで、当たり前のように使われているよね。
携帯電話でも、インターネットができるくらいなんですもん。

そのせいか、インターネットでの宣伝はとても有効だと思うんです。
インターネット広告を利用して宣伝すれば、世間での商品やサービスの認知度は高まること間違いなしかな。とくにウェブサイトの端などに出ているバナー広告は一目につきやすいんじゃないかな。

ウェブサイト内やメルマガで使われているテキスト広告もサイト内でさりげなく使われているぶん宣伝しやすいし、テレビや街頭の広告と違い、そのジャンルに興味のある人だけが目にするから充分な宣伝効果があると思います。

そのせいあってか、インターネットは商品やサービスを紹介するにはもってこいの場所で、インターネット広告は商品やサービスを紹介しやすい!という利点を持っていると思います。

宣伝効果も抜群だよね♪

インターネット広告は無駄がない

インターネット広告の利点は、その広告の内容に興味がある方に絞って宣伝することができることです。つまり興味がある人を対象に広告を出せるので、ほとんど無駄がないんですよね。他の広告だったら、興味が無い人にも広告を出すことになるので、その分無駄になってしまいます。広告費用の何割かは、効果がないのにもかかわらず広告を出さなくてはいけないので、その費用というのは実は無駄なんですよね。インターネット広告では興味がある人を特定しやすいので、すごく効率がいい宣伝ができます。例えばホームページなどに広告を出す場合、それがどんな人をターゲットにしたホームページなのかという事がすぐに分かるので、ものすごく効率のいい宣伝ができるというわけです。その広告を見る人は興味がある人ばかりなので、無駄なく宣伝できると思います。効果がないと分かっているのに、広告を出して費用が無駄になるという事がありません。さらに広告の費用対効果を測定する事もできるので、その広告はほんとに効果があるのかというのもすぐに分かります。

インターネット広告のいいところ

インターネットでネットサーフィン等をしていると、よくインターネット広告を目にする機会があります。

そのときに見かけるインターネット広告の多くにはリンクが貼ってあり、そこをクリックするとその商品・サービスについてより詳しく書かれているページに飛ぶようになっている、というものです。

そのようなインターネット広告のいいところは、なんといってもお客さんと商品・サービスとの接点が増えるという点だと思います。

お客さんにあまり興味がない商品・サービスだったとしても、そのインターネット広告が貼ってあるページには興味があり目にするということがあるでしょう。

また、実際に買うつもりはなくてもリンク先のページを見て購買意欲が高まることも考えられますし、間違えてリンクをクリックをしてしまうということもあると思います。

そのようなメリットのあるインターネット広告を上手に利用することができればより費用をかけずに販売促進をすることができるのでしょうね。

インターネット広告のメリット

インターネットは今や繋がっていないパソコンはほとんどないくらいに普及していますよね。というか、インターネットが出来ないと作動保証をしないアプリケーションもあるくらい普通の事になっています。
この状態はうまく利用すればテレビよりも数多くの人にアピールできることで、これがインターネット広告の利点ということで多くの人が思い浮かべることだと思います。
私もネットで自作のイラストとかを発表してそれを素材にして販売をしたりする事を考えているので、こうした利点を最大限に利用したいと思っています。
しかしテレビでのCMをひとつひとつ真剣に見ている人がほとんどいないように、インターネット広告も見ている人の印象に残るかどうか、という広告の大命題に結局は突き当たると思います。
世界中で閲覧可能なインターネットでも、日本語の広告が英語圏などの異なる言語圏ではアピールできる水準も変わってくるのはごく当たり前のこと。
そうなってくると本当に世界に発信するものを考えるとどれだけの人たちの目に留まってクリックしてもらえるのか?ということに繋がってきます。言語圏ごとに違うものを作って発信していく、という細かい対応をしてはじめてインターネット広告の利点である「世界にアピール」ということが可能になるのではないかな?と私は考えています。

インターネット広告と言っても、今では色んな種類が有りますが、利点と言えば、リーズナブルな費用で、誰でも広告を出せると言う事ではないでしょうか?テレビや新聞の広告は、かなり高額だし、一般の人には、なかなか広告を出せるものでも有りませんが、インターネット広告は、インターネットから、誰でも申し込む事が可能です。また、実際に広告が出るまでの期間も、他のメディアの広告に比べると、相当早いと思います。また出した広告の効果についてもフィードバックされて、自分で確認する事ができます。インターネット広告の中でも、ブログで広告を出すシステムは、数万円からでも利用でき、個人事業主などにも人気です。多くのブロガーが興味を持って、各自の味方や、感想を、自分のブログで紹介してくれるので、見た人にも、インパクトを与えると思います。そう言う意味で、かなり広告の効果も高そうです。インターネット広告の最大の利点は、費用の割には、高い効果が期待できると言う点かも知れません。

広がるインターネット広告の可能性

近年、インターネットをする人が増え、インターネット広告の需要が増加。一説によると新聞広告よりもインターネット広告の掲載数が多くなったとか。インターネットは気軽で、いつでも新鮮な情報が得られるのが世の中の流れと合っているのかもしれない。インターネット広告のよいところは、閲覧者がすぐにアクションが起こせることだと思う。たとえば、気になる広告をクリックすると商品の情報を見られるだけじゃなく、その場で購入することもできる。消費者の側からしても簡単で便利なのだ。今どんな商品が流行しているか、お得かが知れるのはインターネットならでは。逆に店舗側も新しい商品、一押しの商品をターゲットに対してダイレクトにおススメできる。また商品の売買以外にも求人広告などもインターネットで公開されるようになった。他にも注目されるコンテンツを作り公開することで、自社のサービスを紹介するサイトも出てきている。インターネット広告の可能性はまだまだ広がっていくのではないだろうか。

インターネット広告の魅力。

インターネット広告の利点といえば・・
ほかの広告媒体に比べてコストが少ないことが挙げられるんじゃないでしょうか。
インターネットからの申し込みや見積もりなどが可能な場合、とても手軽だし。
そこの人件費も節約できそうです。
さらに・・。
効果が高そう、というかんじがします。
興味を持ってクリックしてきてくれた人は、ショッピングをしてくれたり、サービスを利用してくれたりする場合も多いと思うし。
成果につながりやすい宣伝の方法、だと思います。
例えば、テレビコマーシャルや雑誌の広告などは、イメージアップなどの効果は大きいと思いますが、それが「行動」に移るまでの期間が長くなる、というか。
(「あ、これ欲しい」と思っても、その後、買いに行ったり、サービスを探さなければいけないわけですもんね。)
その点、インターネット広告の場合、興味を持った→クリックした→すぐにそこから利用できる。という形態が多いので。
お客さんの興味が薄れてしまう前に、成果につなげていくことができるように思います。
費用と、その宣伝効果。
この二つがインターネット広告の大きな魅力だと思います。

インターネット広告のメリットとは

インターネット広告の利点は、一度宣伝するとずっとその広告が消えないことにあると思います。もちろん期限が決められているものもありますが、永続的に宣伝し続けられるインターネット広告もあるんですよね。テレビの広告だとほんの一瞬しか宣伝できませんが、インターネット広告ならアクセスがある限りずっと宣伝し続けられるんです。さらに費用が余りかからず、効率的に宣伝することができます。しかも広告効果を測定しやすいので、あまり無駄をかけずに宣伝できるのもメリットですね。クリック数なども分かるので、どれくらいの成約率なのかということもすぐに分かると思います。そういった意味では、非常に効率がいい宣伝ができると思います。さらに広告にアクセスしてきた利用者の属性もわかるので、それを参考に内容を変更することもできます。そうすれば、さらに効率のいい宣伝ができるのではないだろうか。もし広告の反応が悪くてもすぐに軌道修正ができるので、余分な無駄を省けるというのも利点だと思います。

インターネット広告は勝組み!

今一番急成長している広告方法はやはりインターネット広告。インタ-ネット広告の利点で、私が思うのは興味がない人の目にもつくということ。テレビCMの場合も同じように、音と映像で確かに興味のない人にも一応訴えかけることはできますが、テレビCMの場合は、見ている番組と番組の間のつなぎとして放送されるため、番組がCMに入ると違う番組にチャンネルを回す人や、席をたってしまう人もいるのではないでしょうか。その点、インターネット広告はネットサーフィンや自分の目的のサイトを訪れている間に出会い見ることができるので最適といえます。自分が興味がない分野の広告も何度か目にする機会もあるかと思います。特にテレビCMと違って何かのつなぎではなく、何かの作業と同時にみることができるというのが、わずらわしくなく、一番の利点かもしれません。あと、テレビCMのように有名企業でなくても、インターネット広告なら気軽に広告をだし、宣伝できるのも利点ですね。限られた会社だけでなく、小さな会社でも宣伝することができます。

私が考えるインターネット広告の主な利点は、インターネットユーザーのニーズによりきめ細かく、的確に応えられることではないかと思います。

インターネット広告は、アドサーバーを通じてインターネットユーザーのIPアドレス情報を取得することにより、そのユーザーの趣味や行動、目的などのデータを的確に知ることができるので、より正確でピンポイントなターゲティングができます。

こういうことは、とてもテレビや雑誌などにはまねができないですよね。

ターゲティングの正確さを他の例にたとえれば、テレビや雑誌は人のいない方向にも適当にボールを投げているようなもので、インターネット広告はユーザーに直接、かつ正確にボールを投げているような感じですね。

現時点では、特定の地域のユーザー、特定の年齢層のユーザー、特定の趣味趣向のユーザーにむけて、表示する広告を細かく切り替えることができるのは、インターネット広告だけが持つ特権だと私は思います。

しかも、インターネット広告は他媒体の広告に比べ、大幅なコストカットをはかることができます。これも、インターネット広告の大きな強みですよね。

このアーカイブについて

このページには、2010年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2010年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。