インターネット広告の主な利点は、インターネットユーザーのニーズによりきめ細かく、かつ的確に応えられることだと思います。

私が考えるインターネット広告の主な利点は、インターネットユーザーのニーズによりきめ細かく、的確に応えられることではないかと思います。

インターネット広告は、アドサーバーを通じてインターネットユーザーのIPアドレス情報を取得することにより、そのユーザーの趣味や行動、目的などのデータを的確に知ることができるので、より正確でピンポイントなターゲティングができます。

こういうことは、とてもテレビや雑誌などにはまねができないですよね。

ターゲティングの正確さを他の例にたとえれば、テレビや雑誌は人のいない方向にも適当にボールを投げているようなもので、インターネット広告はユーザーに直接、かつ正確にボールを投げているような感じですね。

現時点では、特定の地域のユーザー、特定の年齢層のユーザー、特定の趣味趣向のユーザーにむけて、表示する広告を細かく切り替えることができるのは、インターネット広告だけが持つ特権だと私は思います。

しかも、インターネット広告は他媒体の広告に比べ、大幅なコストカットをはかることができます。これも、インターネット広告の大きな強みですよね。

このブログ記事について

このページは、インターネット広告が2010年2月15日 15:39に書いたブログ記事です。

次のブログ記事は「インターネット広告は勝組み!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。