インターネット広告は効果測定がしやすいのが利点です

広告って、効果がはっきりとは見えにくいものでした。
テレビ広告や、新聞広告、雑誌広告、ラジオ広告といったものが、主な広告ですが、その効果ははっきりとは取れないんですね。
でも、インターネット広告というのは、その効果が他の広告よりも取りやすくなっています。
それが、インターネット広告の利点ですね。
テレビだと広告をしても、その広告をいったいどれくらいの人が見たのかわからないですよね。視聴率と言っても、一部の人の市長データからの推計ですし、ただテレビがついていただけということもあります。
新聞や雑誌も発行部数はわかりますが、実際に広告を見ているかどうかはわかりません。
でも、インターネットなら、その広告をクリックした数を取ることができます。
もちろん表示した回数も取ることができるので、クリック率が取れて、どのくらい広告を見てもらえたのか、興味を持ってもらえたのかがわかるんですね。
そういったデータがはっきりと取れるので、その後の広告戦略にも生かせるというのがインターネット広告の利点だと思います。

このブログ記事について

このページは、インターネット広告が2010年2月28日 18:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「インターネット広告のりようについて」です。

次のブログ記事は「インターネット広告はすごい」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。